FC2ブログ

冷え性 改善 料理

冷え性と食物には、大きなつながりが有る。
冷え性で苦しんでいる人は、食生活を改善して、冷え性改善に努めよう。
食物は体を温める機能がある「陽性」の食物と、体を冷やす「陰性」、どちらにも属さない「中性」の食物とに分類される。

冷えを実感する時は、上半身よりも、お腹や下半身が冷えている。
体の中の血液は、重力の為に約70パーセントが下半身に集中している。
冷え性改善には、下半身を温める事が重要であるためす。

お風呂の湯は、ぬるめが1番である。
熱い湯が好き、熱いお風呂の方が体が温まる気がする・・と云う人もいるとおもうが、熱いお風呂は交感神経を刺激させてしまう為、血管が萎縮し、その結果、体の皮膚しか温まる事ができなくなる。
また、湯が熱いと、長く入ってる事が出きない。長くつかっていられないと、お風呂から出た後にすぐに湯冷めしてしまう。これでは逆効果である。

自律神経の乱れは、冷え性だけでなく、男性の更年期障害も生じさせる。
男性も年齢と共に男性ホルモンが減少してくるのだ。
そこに自律神経の乱れが入ると、疲労を感じやすくなったり、不眠、性欲減退等の症状が現れたりしてくるのだ。
これが更年期障害である。更年期障害と云えば、60歳近くなってから、と云うイメージであるが、近頃では若い人でも更年期障害に苦しめられている人が少なくないようである。
早い人では、30代から症状が現れている人もいるそうである為、原因不明の体の不調を実感したら、更年期障害を疑惑、早目の検診をお勧めする。



スポンサーサイト



16 : 04 : 59 | 日記 pagetop

冷え性 改善 サウナ

冷え性に苦しんでいる女性は少なくないものである。
女性に冷え性の人が少なくないのは、女性ホルモンや無理なダイエットが関係している。
これらの他に、女性のファッションも冷え性と大幅に関係している。
女性のファッションは多種多様で、女性は機能性よりもファッション性を重要視する人が少なくないものである。

入浴剤がお家になくても、みかんやレモン等、柑橘類の皮や、大根の葉を入れても効果的である。体の保温効果を高めてくれる。使用する時は、よく乾燥させて、ガーゼで作成した袋に入れてお風呂に入れよう。出きるだけ、無農薬のものを使用した方が気持ちが良いものである。
お酒やお酢を入れても良いものである。お酒やお酢は、毛穴の中にたまってる脂肪や老廃物を溶かし出してくれる機能が有る。通常の広さのお風呂なら、500mlくらいが適量である。

体を冷やす陰性の食物は、陽性の食物とは反対に、暑い土地でとれる野菜が少なくないものである。代表的なものには、トマトやきゅうり等が有る。
同じ野菜でも、生で口にするよりも加熱して口にする方が冷え性改善としては良いものである。
スープや味噌汁で、野菜をとるようにすると良いものである。

反対に、元気で陽気な気持ちでいると、体を温めるエネルギーがおおく誕生する。
近頃ストレスという心理的負荷を感じぎみだな・・・・・・とおもったら、運動したり、好きな事をしてくつろいだりして、ストレスという心理的負荷改善に努めよう。



16 : 52 : 32 | 日記 pagetop

冷え性 改善 風呂

冬に成ると足がむくみやすくて・・・・・・と云う人は、冷え性が原因であるケースの場合が少なくないものである。冷え性とむくみは、大幅に関係しているのである。
そもそも「むくみ」とは何だろう。
むくみは、血液や体液の循環が悪くなって、皮下に余分な水分がたまってる状態の事をいう。
冷え性は血液の循環が悪く為ってる状態から生じるものである為、冷え性である人は、むくみやすい体質だと云う事を気付いておこう。

頭蓋骨の後ろにある「後頭骨」と云う骨は骨盤と連動している。
骨盤に歪みが生じると、後頭骨の動きも悪くなり、顔のむくみの原因にもなるのである。
骨盤と顔が関係しているなんて、ちょっと意外であるが、酷い(ひどい)ケースの場合はむくみだけでなく顔の骨格にも影響がでて顔が歪んでしまうケースの場合も有る。

温冷浴の方法は、まず、熱めの湯に3分ほどつかる。
体に負担のかからないよう、半身浴か腰湯にしておこう。
次に浴槽からでて、手や足に冷水を10秒間ずつ、3、4回くりかえしかける。
再度お風呂に入り1分、次に冷水、と云う感じでこれを7回程くりかえする。

ただしい姿勢やポーズを心掛ける事が、やっぱり1番肝心である。
背筋をのばして、座る時もイスに深く腰掛けるようにし、足は組まないようにしよう。
就寝する時の姿勢やポーズも肝心である。
横向きでないと眠れない、と云う人もいるかも知れないが、骨盤を矯正する為には、仰向けの姿勢やポーズが1番良いものである。出きるだけ、仰向けを心掛けてみるべきだ。



16 : 45 : 23 | 日記 pagetop

冷え性 改善 有酸素運動

冷え性の人にとって、寒い冬は辛い季節である。
夜眠る時に、冷たい布団ではなかなかどうして寝付く事が出きない!と云う冷え性の人は、寒さを改善する為に電気毛布を使用している、と云う人は少なくないのじゃないだろうか。
しかしながら、電気毛布は間ちがった使い方をすると、我々の健康を損なるケースの場合が有る。
電気毛布を使用すると、朝おきると熟睡した感覚がしなかったり、体がだるかったり、と云った事はないものであろうか?

冷えを実感する時は、上半身よりも、お腹や下半身が冷えている。
体の中の血液は、重力の為に約70パーセントが下半身に集中している。
冷え性改善には、下半身を温める事が重要であるためす。

また、骨盤が歪んでオープンしていると、ヒップラインも下がってきてしまう。
重力にはさからえないわ、なんて諦めていないだろうか?
骨盤をアレンジする事は、綺麗なヒップラインにもつながる。

寝具選びにも気を付けてみるべきだ。
保温性、通気性に優れた寝具を選ぼう。
掛け布団として優れているのは、やっぱり羽毛布団である。
軽いので布団の上げ下ろしも楽である。
敷き布団としては、クッション性のある羊毛布団がお勧めである。
毎日使用する布団である為、質の良いものを選定して欲しい。



16 : 18 : 36 | 日記 pagetop

冷え性 改善 ウォーキング

冷え性と云っても、多種多様なタイプが有るが、自身では冷えているとは実感しないで、冷え性だと自覚していない「かくれ冷え性」がある事を気付いているだろうか?

風邪等で、お風呂に入る事が出きない時にも足湯をしてみるべきだ。
足と同時に手も湯につけて温めれば、より体が温まる。
お風呂に入っていなくても、入ったような温浴効果が待望出きる。

また、骨盤が歪んでオープンしていると、ヒップラインも下がってきてしまう。
重力にはさからえないわ、なんて諦めていないだろうか?
骨盤をアレンジする事は、綺麗なヒップラインにもつながる。

とうがらしを取る時は適量にしておこう。摂り過ぎると胃に負担がかかってしまうので注意しよう。
また、とうがらしはお風呂に入れても良いとされているが、皮膚の弱い人には刺激が強すぎる為、少なめにしておくようにしよう。



18 : 48 : 41 | 日記 pagetop

冷え性 改善 妊娠した

冷え性を改善するには、ぬるめの湯に、ゆっくり入浴する半身浴等が効果的であるが、もっと気楽に体を温める方法に「足湯」が有る。
足湯は、足だけを温める入浴法である。
上半身はそのままで、下半身からじわじわ温まってくる足湯は、冷え症に良いだけでなく、足のむくみや疲労をとるのにも効果的である。
また、すぐに息抜き出きる為、ストレスという心理的負荷改善にも途方もなく良いものである。
好きなテレビを観たり、本を詠んだり、好きな音楽をかけてお茶を飲んだり、また、家族と団欒しながらでも良いものである。どのような時であってもどこでも、気楽に出きるところが足湯の喜ばしいところである。

まず初めは足湯に必要な道具をそろえるだろう。
バケツ、イス、タオル、敷物、湯をつぎ足すためのポットややかんも必要である。
これ以外に、湯温計があるとべんりである。好きな人は入浴剤を使用しても良いものである。
道具をそろえたら、バケツに40度前後の湯を入れる。湯の深さはふくらはぎの真ん中くらいまで、20cmレベルが良いだろう。
入浴剤を使いたい人は入れて、そのまま最低でも10分から20分レベル、足をつけておくるのだ。
足湯中は、足し湯をしながら、湯の温度に気を付けるようにして欲しい。
湯が冷めてしまうと効果がないのだ為、常に40度前後をキープするようにしよう。

断食なんていうとたいへんそうで、自身にも出きるのかな、と懸念に成るかも知れないが、「プチ断食」なら気楽に出きるとおもう。
プチ断食とは1日だけの断食で、全く口にしない訳でもなく、野菜ジュースやお粥だけで過ごす日を作成する事である。

骨盤が歪む原因として考慮されるのは、運動不足や日常的な姿勢やポーズの悪さ、出産等が有る。
女性はファッション性を重要視してハイヒールや、足を圧迫する靴を履いている事が少なくないものであるが、これも骨盤の歪みの原因に成る。
足に負担がかかる靴をはいていると、骨盤だけでなく、足首やひざの関節、股関節等の骨格まで歪ん出きてしまう。
骨盤の歪みの原因となるような事は敬遠して、骨盤の歪みを改善するように努めよう。
日常的な姿勢やポーズに気を付けるようにして、簡単なストレッチをつづける事で、少しずつであるが改善する事が出きる。



17 : 50 : 09 | 日記 pagetop

冷え性 頭痛 改善

寒い冬は、冷え性で苦しんでいる人が少なくないものである。
体の冷えを改善するには、温かい衣服を選択する事が肝心である。
観た目の良さだけを重要視していては、やっぱり冷え性は改善されない。
重ね着は保湿効果をアップする。
洋服の下には、絶対に保湿効果のあるシャツを身に付けるようにしよう。
「ババシャツ」なんて昔から呼称されているが、近頃ではお洒落なシャツがたくさん有る。色やデザインも豊富である為、楽しく選定して、温かく着ましょう。

冷え性の人は、ガッツリお風呂で温まっても、すぐに体が冷えてきてしまう。
これは、温まって拡大した血管が、湯上り後もずっと拡大したままでいる為に、体内の熱がどんどんアウトプットされてしまうためである。
温冷浴は、拡大した血管に冷たい水をかけて血管を萎縮させ、熱を閉じ込めた状態にして、温かさを持続させると云うわけである。
サウナに入ると、隣に水風呂が置いて有る。
これも、温冷浴と同じ原理である。サウナで温めた体の熱を、冷水に入る事に拠って体内に累積させるのである。

温冷浴の方法は、まず、熱めの湯に3分ほどつかる。
体に負担のかからないよう、半身浴か腰湯にしておこう。
次に浴槽からでて、手や足に冷水を10秒間ずつ、3、4回くりかえしかける。
再度お風呂に入り1分、次に冷水、と云う感じでこれを7回程くりかえする。

冷え性をそのまま放置しておくと、グッスリ眠れなくなったり、肩こりや腰痛の原因になったりと、体に多種多様な悪影響がでてくるのだ。
冷え性は、体の不調を知らせるための初めのサインとして考えるだろう。
その原因を考え、体質改善に努める事が肝心である。




18 : 44 : 08 | 日記 pagetop

冷え性 改善 即効性

冷え性を改善する為には適度な運動が必要である。
であるが特別な運動をしなくても、呼吸の仕方や姿勢やポーズを少し変えるだけでも冷え性改善に効果が有る。

殊更に少なくないのは足のむくみである。
体の中心部から送られてきた血液が足へと流れ、上に押し返す力が弱くなる為に生じやすくなる。
ブーツのチャックが上がらなくなったり、くつ下の跡がついていたりと、むくみって本当にイヤである。
むくみを放置しておくと、セルライトと云う恐い脂肪となり、ダイエットをしても簡単にとる事ができなくなる。
このような事にならない為にも、むくみを実感したら改善する方法を考えるだろう。

体を冷やす陰性の食物は、陽性の食物とは反対に、暑い土地でとれる野菜が少なくないものである。代表的なものには、トマトやきゅうり等が有る。
同じ野菜でも、生で口にするよりも加熱して口にする方が冷え性改善としては良いものである。
スープや味噌汁で、野菜をとるようにすると良いものである。

お風呂から上がった後は、出きるだけ体を冷やさないようにする事が肝心である。
すぐに靴下を履く等して、下半身の体温を下げないように気を付けよう。



18 : 49 : 15 | 日記 pagetop

冷え性 改善 半身浴

寒い冬は朝までグッスリ眠れない、と云う冷え性の人は少なくないのじゃないだろうか。
冷え性を改善するには、多種多様な方法が有るが、効果的で簡単な方法に「ふくらはぎを温める」と云う方法が有る。
足先ではなくて、ふくらはぎ?とおもう人もいる。
冷え性で足先が冷えるのを防ぐには、ふくらはぎを温めるのが1番であるためす。

呼吸で肝心な事は、ガッツリ吐いて、体内の汚れた空気を出してしまう事である。
現代人は、浅い呼吸の人が少なくないそうである。
吸う事ではなく、吐く事に意識を集中して、腹式呼吸をすると自律神経もアレンジする事が出きる。
自律神経は、体の中の機能を順調に活動させている神経である為、これをアレンジする事は、血液の循環や体温アレンジをスムーズにし、冷え性改善にも効果的だと云う事である。

姿勢やポーズを正す事も重要である。
体の歪みは、血液の循環を悪くして冷え性につながる。
訳もわからずのうちに、猫背に為ってないだろうか?猫背は観た目にも、「やる気がなさそう」「暗い感覚がする」「老けてみえる」等、悪い印象を受ける。
内臓の働きも悪くなり、筋力の低下の原因にもなる。
立ったり歩いたりする時は勿論、電車の中やオフィスで座ってる時にも背筋をピンとのばしてみるべきだ。
腹筋を意識して、状態を上に引き上げるようにする。
同時に、肩甲骨を引き寄せるようにしてみるべきだ。
この時、肩を上げないように注意しよう。肩を下の方向へ押し付けるようにすると、ラインが美しくなる。

けれど、電気毛布はとっても温かくて、これがないと眠れない・・と云う人は、布団に入る前まで電気毛布をつけておいて、就寝する時にはスイッチを切っておこう。
電気毛布の設定温度はあまり高くしないようにしよう。
また、「湯たんぽ」を使用してみてはどうだろう。
近頃、少しばかりのブームに為ってる。
足元に置いておけば、充分に温かくして眠る事が出きるし、自然に温度が下がっていくので安心である。
高齢の方や、妊婦さん、赤ちゃんがいるお家の人は、是が非でもこんな方法で寒さをしのいでみて欲しい。



16 : 56 : 37 | 日記 pagetop

冷え性 改善 ツボ

お風呂に入る事は、体を温めるのに途方もなく効果的な方法である。
冷え性を改善するには、ぬるめの湯にゆっくり15分以上入る事が良い入浴法である。
好みによるが、入浴剤を使用しても良いものである。炭酸ガス系の入浴剤を使用すれば、温浴効果が高まって、血液の循環が良くなり、湯上り後も湯冷めしにくくなる。

冷え性の人は、ガッツリお風呂で温まっても、すぐに体が冷えてきてしまう。
これは、温まって拡大した血管が、湯上り後もずっと拡大したままでいる為に、体内の熱がどんどんアウトプットされてしまうためである。
温冷浴は、拡大した血管に冷たい水をかけて血管を萎縮させ、熱を閉じ込めた状態にして、温かさを持続させると云うわけである。
サウナに入ると、隣に水風呂が置いて有る。
これも、温冷浴と同じ原理である。サウナで温めた体の熱を、冷水に入る事に拠って体内に累積させるのである。

また、女性に少なくない、無理なダイエットも冷え性と大幅に関係している。
食事規制等の無理なダイエットをして月経不順を招くと、ホルモンの釣り合いが崩壊して冷え性につながってしまう。
また、低血圧の人、もしくは無理なダイエットにより低血圧になってしまった人、偏食やダイエットによる栄養不足の人は、通常の人より血液を運ぶ力が弱く、貧血になりやすい状態である。
貧血に成ると、体内にガッツリと血液が行き渡らなくなり、冷え性を生じさせてしまう。

湯の後片付けが面倒だし、湯の温度をアレンジするのはちょっとたいへんそう・・とおもう人も少なくないものである。足湯を気楽に出きる、「足湯機」と云うものが有る。
足湯機にも色々在り、マッサージ機能がついたもの等も有るが、湯の温度をアレンジしてくれるところが何よりべんりである。機械にまかせておけば良い為、より息抜きできそうである。



17 : 25 : 40 | 日記 pagetop

冷え性 改善 入浴

冬は体の冷えが辛くてきらい、と云う女性は少なくないのじゃないだろうか。
冬は寒いのは当然であるが、お部屋を温かくしているのになかなかどうして体が温まらない、手足が何時も冷たく実感できる、と云う症状がある人は冷え性の可能性が有る。
近頃では冬だけでなく、夏でもつよい冷房の為に体が冷えてしまう、と云うように1年中冷え性に苦しめられている人も少なくないものである。
高齢に成るにつれて冷え性である人の数は増大していき、65歳以上では6割、75歳以上では8割もの人が、冷え性であると云われている。
また、冷え性は女性に少なくないのも特徴点的である。

冷えを実感する時は、上半身よりも、お腹や下半身が冷えている。
体の中の血液は、重力の為に約70パーセントが下半身に集中している。
冷え性改善には、下半身を温める事が重要であるためす。

お勧めの物は、ショウブやどくだみ、よもぎ等の薬草や、松や桧等の製油が入った薬用入浴剤である。自然のものを主成分に使用しているものなら、体にも優しく、息抜きできそうである。

骨盤が歪む原因として考慮されるのは、運動不足や日常的な姿勢やポーズの悪さ、出産等が有る。
女性はファッション性を重要視してハイヒールや、足を圧迫する靴を履いている事が少なくないものであるが、これも骨盤の歪みの原因に成る。
足に負担がかかる靴をはいていると、骨盤だけでなく、足首やひざの関節、股関節等の骨格まで歪ん出きてしまう。
骨盤の歪みの原因となるような事は敬遠して、骨盤の歪みを改善するように努めよう。
日常的な姿勢やポーズに気を付けるようにして、簡単なストレッチをつづける事で、少しずつであるが改善する事が出きる。



17 : 58 : 33 | 日記 pagetop
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (123)

お気に入り


検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR