FC2ブログ

冷え性 改善 テレビ

相当の人を悩ませる冷え性。冷え性を改善するには、その原因を考慮する事が肝心である。体を冷やす食物や飲み物の摂り過ぎ、ストレスという心理的負荷等による原因も有るが、これ以外にも多種多様な原因が考慮される。

風邪等で、お風呂に入る事が出きない時にも足湯をしてみるべきだ。
足と同時に手も湯につけて温めれば、より体が温まる。
お風呂に入っていなくても、入ったような温浴効果が待望出きる。

こたつやストーブで、足を温めるのとはちがうの?と云う人もいるかも知れない。
同じように足を温めても、やっぱりこたつやストーブでは全く効果がちがう。
こたつやストーブで一時的に温めても、皮膚の表面だけが熱くなるだけで、すぐに冷たくなる。
体の芯まで、ガッツリと温めるには、やっぱり温かい湯を使用する事が1番であるためす。

骨盤が歪む原因として考慮されるのは、運動不足や日常的な姿勢やポーズの悪さ、出産等が有る。
女性はファッション性を重要視してハイヒールや、足を圧迫する靴を履いている事が少なくないものであるが、これも骨盤の歪みの原因に成る。
足に負担がかかる靴をはいていると、骨盤だけでなく、足首やひざの関節、股関節等の骨格まで歪ん出きてしまう。
骨盤の歪みの原因となるような事は敬遠して、骨盤の歪みを改善するように努めよう。
日常的な姿勢やポーズに気を付けるようにして、簡単なストレッチをつづける事で、少しずつであるが改善する事が出きる。



スポンサーサイト



16 : 19 : 44 | 日記 pagetop

冷え性 改善 筋肉

冷え性を改善するには、釣り合いの良い食事と適度な運動が肝心である。
適度な運動と云っても、日常忙しくしているとこのような時間は急がずゆっくりとれない、と云う人も少なくないものである。
お家の中でも気楽に簡単に出きる運動として、ストレッチ運動をはじめてみるべきだ。
すぐに結果を求めようとはせず、毎日地道につづけていく事で、冷え性は少しずつ改善してゆくのだ。

冬に美味しいチョコレートや、ジャンクフード等は、体を冷やすだけでなく、血液の循環も悪くしてしまう。とりすぎに注意しよう。
冷たい飲み物も良くないのだ。水分をとる事は肝心であるためすが、冷たい飲み物は体を冷やし、血液の循環を悪くする。牛乳やコーヒー、緑茶は温かくして飲んでも体を冷やす原因に成る為、出きるだけ避けよう。温かい紅茶やココアがお勧めである。

お勧めの物は、ショウブやどくだみ、よもぎ等の薬草や、松や桧等の製油が入った薬用入浴剤である。自然のものを主成分に使用しているものなら、体にも優しく、息抜きできそうである。

プチ断食をしようと決定させた日の前日は、夜9時以降は食事を取らないようにする。
断食日は、朝と昼は、食事の代わりに野菜ジュースを呑み込む。
にんじんやりんごを摩り下ろしたもの等、手作りの栄養あるジュースを1、2杯飲みるべきだ。夕食には、お粥をお腹一杯にならないレベルに口にする。
1日だけである為、それほど苦痛に実感しないとおもう。
体の中の老廃物が排出され、スッキリ出きるプチ断食。
継続的に実践すれば、体質が改善されて冷え性改善に途方もなく効果的である。
1度チャレンジしてみて欲しい。



16 : 35 : 30 | 日記 pagetop

冷え性 改善 よもぎ

冷え性を改善する方法は色々有るが、息抜き効果も在り、心も体も温かくなる良い方法はお風呂に入る事である。

体温を下げる時は、血管を拡張させて血液を皮膚の表面に集めて放熱しているのであるが、冷え性で血液の循環が悪く為ってる人は、皮膚からの放熱が上手く出きないためである。
夜になっても体温が下がりにくい冷え性の人は、なかなかどうして眠りにつけないと云う事であるためす。

また、女性に少なくない、無理なダイエットも冷え性と大幅に関係している。
食事規制等の無理なダイエットをして月経不順を招くと、ホルモンの釣り合いが崩壊して冷え性につながってしまう。
また、低血圧の人、もしくは無理なダイエットにより低血圧になってしまった人、偏食やダイエットによる栄養不足の人は、通常の人より血液を運ぶ力が弱く、貧血になりやすい状態である。
貧血に成ると、体内にガッツリと血液が行き渡らなくなり、冷え性を生じさせてしまう。

冷え性を改善したいのなら、体を締め付けるガードル等は敬遠して、ファッション性よりも機能性を重要視し、保温性のあるゆったりした服を選択するようにしよう。
また、衣服で冷え性対策を考慮するなら、お腹や下半身を重点的に温めた方が効果的である。冷えている場所は、殊更に体の中心部や下半身に成る。
上半身に厚手のコートを羽織るより、まず初めは下半身に気を配り、靴下やタイツ、腹巻等を使用して温めるようにしよう。



16 : 36 : 34 | 日記 pagetop

冷え性 改善 冷水

冷え性と眠りは、大幅に関係している。
人の体温は1日のうちで朝おきる前が1番低く、おきてから次第にアップし、夜に成ると下がってきて眠くなる。
どうして夜に成ると体温が下がるのだろう?
人は、体温を下げる事で、基礎代謝を制御して脳を休ませようとするのである。
であるが冷え性の人は、体温を下げる事が上手く出きない。

女性では、無理なダイエットに拠って栄養の釣り合いが崩れ、冷え性を生じさせてしまう事が少なくないのであるが、男性では飲みすぎや食べすぎが冷え性につながってる事がおおく為ってる。
会社の中での付き合いも在り、男性は飲みすぎ、食べすぎの機会がおおく為ってる。また、煙草を吸う人も、女性よりも少なくない風潮に有る。
このような食生活の乱れや煙草の吸いすぎにより、動脈硬化が生じると、血管が細くなる。また、血液はドロドロになり流れにくくなる。
そうなると、体のすみずみまで血液が行き渡りにくくなり、手足の指先が冷えやすくなるのである。

こたつやストーブで、足を温めるのとはちがうの?と云う人もいるかも知れない。
同じように足を温めても、やっぱりこたつやストーブでは全く効果がちがう。
こたつやストーブで一時的に温めても、皮膚の表面だけが熱くなるだけで、すぐに冷たくなる。
体の芯まで、ガッツリと温めるには、やっぱり温かい湯を使用する事が1番であるためす。

冷え性をそのまま放置しておくと、グッスリ眠れなくなったり、肩こりや腰痛の原因になったりと、体に多種多様な悪影響がでてくるのだ。
冷え性は、体の不調を知らせるための初めのサインとして考えるだろう。
その原因を考え、体質改善に努める事が肝心である。




16 : 00 : 06 | 日記 pagetop

冷え性 改善 クリーム

冷え性を改善するには、ぬるめの湯に、ゆっくり入浴する半身浴等が効果的であるが、もっと気楽に体を温める方法に「足湯」が有る。
足湯は、足だけを温める入浴法である。
上半身はそのままで、下半身からじわじわ温まってくる足湯は、冷え症に良いだけでなく、足のむくみや疲労をとるのにも効果的である。
また、すぐに息抜き出きる為、ストレスという心理的負荷改善にも途方もなく良いものである。
好きなテレビを観たり、本を詠んだり、好きな音楽をかけてお茶を飲んだり、また、家族と団欒しながらでも良いものである。どのような時であってもどこでも、気楽に出きるところが足湯の喜ばしいところである。

冷え性の人は、血液を循環させる力が弱く為ってる。
運動には、血液を送り出すポンプをつよくし、血液の循環を良くする効果があるのである。
血液を送り出すポンプとは、心臓と、足の筋肉である。
足の筋肉がポンプ?と何だか不思議であるが、心臓が血液を送り出すと、足の筋肉が萎縮して上半身に血液を送り返すのである。
運動不足の人は、この2つのポンプの力が弱くなって血行が悪くなる。

湯の中で足の指や足首をシフトさせると、更に血液の循環が良くなる。
足湯の後は、ガッツリと水分を拭き取って、すぐに靴下を履いて保温しよう。
就寝する前に足湯を行い、そのまま布団に入ってしまっても良いものである。

今まで足先の冷えを改善する為にくつ下をはいて眠っていた、と云う人も、ふくらはぎを温めるレッグウォーマーを使用してみて欲しい。驚愕するほど温かく眠る事が出きる。是が非でも試してみて欲しい。



18 : 12 : 03 | 日記 pagetop

冷え性 改善 プレゼント

冷え性自体は病気じゃないのだ。
であるが、冷え性は放置しておくと我々の体に多種多様な悪影響をおよぼする。
体が冷えて、夜グッスリ眠る事ができなくなったり、むくみやめまい等が生じたりする事が有る。冷えの症状が酷い(ひどい)と、免疫力が低下して、風邪を引きやすくなる。

冷え性は体の血行不良の為に生じる。
血行不良を起こす原因には多種多様な事が考慮されるが、毛細血管まで血液が行き渡っていなかったり、気温の変化で毛細血管が縮んだまま元に戻らなかったりすると、手足の先に冷えとして影響がでてくるのである。

更に、このような状態がつづくと、電気毛布を使用していない時でも、体温が上手く下がらなくなる。
また、温かくなりすぎている布団の中では、必要以上に汗をかいてしまう為、皮膚にとっても良くないのだ。

自律神経の乱れは、冷え性だけでなく、男性の更年期障害も生じさせる。
男性も年齢と共に男性ホルモンが減少してくるのだ。
そこに自律神経の乱れが入ると、疲労を感じやすくなったり、不眠、性欲減退等の症状が現れたりしてくるのだ。
これが更年期障害である。更年期障害と云えば、60歳近くなってから、と云うイメージであるが、近頃では若い人でも更年期障害に苦しめられている人が少なくないようである。
早い人では、30代から症状が現れている人もいるそうである為、原因不明の体の不調を実感したら、更年期障害を疑惑、早目の検診をお勧めする。



16 : 49 : 40 | 日記 pagetop

冷え性 改善 大阪

冷え性改善にはお風呂が1番であるが、どのような時であってもどこでも気楽に出きる「足湯」でも効果的である。
湯で足だけを温める・・・・・・聴いた事はあるけど、どのような方法だったら良いのか分かる事ができない、と云う人も少なくないのじゃないだろうか。

陽性の食物だけを口にすれば良い、と云う訳でもなく釣り合いの良い食事をとる事が1番である。冷え性改善には、陽性の食物を中心にして、陰性、中性の食物も少しずつ取り入れるようにしよう。
陽性の食物にはどのようなものがあるのだろう。
体を温める、陽性の食物は寒い土地で出きる野菜が少なくないものである。
代表的なものは、しょうがやねぎ、にんにくやごぼう等である。
旬の野菜は、栄養分も豊富である為、できる限り積極的に口にするようにしよう。

ストレスという心理的負荷と冷え性も大幅に関係している。
ストレスという心理的負荷を実感すると自律神経の釣り合いが乱れてしまう。自律神経の乱れは、血液の循環を悪くしてしまう為、冷え性の原因となるのである。
また、ストレスという心理的負荷を実感して暗い気持ちでいると、体を温めるエネルギーが不足して、寒さに対しての抵抗力が落ちてしまう。

反対に、元気で陽気な気持ちでいると、体を温めるエネルギーがおおく誕生する。
近頃ストレスという心理的負荷を感じぎみだな・・・・・・とおもったら、運動したり、好きな事をしてくつろいだりして、ストレスという心理的負荷改善に努めよう。



19 : 11 : 21 | 日記 pagetop

冷え性 改善 足つぼ

冷え性と食物には、大きなつながりが有る。
冷え性で苦しんでいる人は、食生活を改善して、冷え性改善に努めよう。
食物は体を温める機能がある「陽性」の食物と、体を冷やす「陰性」、どちらにも属さない「中性」の食物とに分類される。

冷えを実感する時は、上半身よりも、お腹や下半身が冷えている。
体の中の血液は、重力の為に約70パーセントが下半身に集中している。
冷え性改善には、下半身を温める事が重要であるためす。

とうがらしは乾燥のものや、粉末状のものが良く販売されているが、毎日の食事の中に取り入れていく事はなかなかどうしてむずかしいものである。
中華調味料である豆板醤や、チリソース、また七味唐辛子等をできる限り積極的に使用してみるべきだ。毎日のメニューのレパートリーも増えそうである。

冷え性が酷い(ひどい)人は、足湯をはじめる前に、ふくらはぎをマッサージして足先の血行を良くしておこう。
足をつけておく時間は、最低でも10分レベル、汗ばんでくるまでじっくり実践する事がポイントである。1日に数回実践すると、より効果的である。
時間に余裕のある日は、是が非でも試してみて欲しい。



18 : 18 : 37 | 日記 pagetop

冷え性 改善 足先

お風呂に入る事は、体を温めるのに途方もなく効果的な方法である。
冷え性を改善するには、ぬるめの湯にゆっくり15分以上入る事が良い入浴法である。
好みによるが、入浴剤を使用しても良いものである。炭酸ガス系の入浴剤を使用すれば、温浴効果が高まって、血液の循環が良くなり、湯上り後も湯冷めしにくくなる。

陽性の食物だけを口にすれば良い、と云う訳でもなく釣り合いの良い食事をとる事が1番である。冷え性改善には、陽性の食物を中心にして、陰性、中性の食物も少しずつ取り入れるようにしよう。
陽性の食物にはどのようなものがあるのだろう。
体を温める、陽性の食物は寒い土地で出きる野菜が少なくないものである。
代表的なものは、しょうがやねぎ、にんにくやごぼう等である。
旬の野菜は、栄養分も豊富である為、できる限り積極的に口にするようにしよう。

とうがらしは乾燥のものや、粉末状のものが良く販売されているが、毎日の食事の中に取り入れていく事はなかなかどうしてむずかしいものである。
中華調味料である豆板醤や、チリソース、また七味唐辛子等をできる限り積極的に使用してみるべきだ。毎日のメニューのレパートリーも増えそうである。

冷え性をそのまま放置しておくと、グッスリ眠れなくなったり、肩こりや腰痛の原因になったりと、体に多種多様な悪影響がでてくるのだ。
冷え性は、体の不調を知らせるための初めのサインとして考えるだろう。
その原因を考え、体質改善に努める事が肝心である。




18 : 57 : 36 | 日記 pagetop

電気毛布 冷え性 改善

寒い冬は、冷え性で苦しんでいる人が少なくないものである。
体の冷えを改善するには、温かい衣服を選択する事が肝心である。
観た目の良さだけを重要視していては、やっぱり冷え性は改善されない。
重ね着は保湿効果をアップする。
洋服の下には、絶対に保湿効果のあるシャツを身に付けるようにしよう。
「ババシャツ」なんて昔から呼称されているが、近頃ではお洒落なシャツがたくさん有る。色やデザインも豊富である為、楽しく選定して、温かく着ましょう。

冷えを実感する時は、上半身よりも、お腹や下半身が冷えている。
体の中の血液は、重力の為に約70パーセントが下半身に集中している。
冷え性改善には、下半身を温める事が重要であるためす。

冬に成ると便秘に成る、と云う人はいないだろうか?
冬の便秘も、冷え性が関係している事が少なくないのである。
体が冷えると、腸の動きが鈍って便秘に成るケースの場合が有る。
反対に、腸が弱い人では下痢の症状が現れる事が有る。

なんと云っても、冷えるのは足先である。
足は、体の中でも血液の巡りが途方もなく悪く、冷えやすい場所である。
保温性のある靴下やタイツをはくようにしよう。
女性はお洒落の為に、スカートにストッキング、と云う格好をしている人は少なくないものである。上半身はガッツリコートを身に付けているが、これは「頭熱足寒」と云って、冷え性に1番なりやすいスタイルである。冷え性改善には「頭寒足熱」を心がけよう。
温かいブーツを履いているから大丈夫、と云う人もいるかも知れない。
疑う余地もなくブーツは、保温効果がある面では良いものであるが、ヒールが高いものや、足を圧迫してしまうブーツは避けよう。
足を締め付けると、血液の流れを悪くしてしまう。冷え性の原因となる為、靴選びにも注意して欲しい。



18 : 25 : 48 | 日記 pagetop

冷え性 改善 サプリ

冷え性改善には、ぬるめの湯にゆっくりつかる「半身浴」が良いと云われているが、熱い湯が好き、と云う人は、「温冷浴」はどうだろう。
温冷浴とは、熱い湯と冷たい水を代わる代わる浴びる入浴法である。
半身浴は、体の芯までガッツリ温めて新陳代謝と血液の循環を良くし、冷え性を改善するが、温冷浴は、血管を萎縮させて熱を閉じ込めて、体の保温効果をアップする。

近頃では、多種多様な入浴剤が販売されている。
お洒落なパッケージに入ってるものや、色や香りが良いもの等、観た目の良さに惹かれてしまうが、中には香りだけがつよいものや、硫黄成分を使用していて、浴槽をいためてしまうもの等も有る。
冷え性を改善するための入浴剤選びであるから、キッチリとしたものを選びたいものである。
入浴剤を選択する時のポイントには、以下のような事が有る。
・保温、保湿効果が優れている
・息抜き効果がある
・浴槽や風呂釜をいためない
これ以外、お風呂の湯を洗濯に使用している人は、洗濯水としても使用できるような入浴剤を選択すると良いものである。

姿勢やポーズを正す事も重要である。
体の歪みは、血液の循環を悪くして冷え性につながる。
訳もわからずのうちに、猫背に為ってないだろうか?猫背は観た目にも、「やる気がなさそう」「暗い感覚がする」「老けてみえる」等、悪い印象を受ける。
内臓の働きも悪くなり、筋力の低下の原因にもなる。
立ったり歩いたりする時は勿論、電車の中やオフィスで座ってる時にも背筋をピンとのばしてみるべきだ。
腹筋を意識して、状態を上に引き上げるようにする。
同時に、肩甲骨を引き寄せるようにしてみるべきだ。
この時、肩を上げないように注意しよう。肩を下の方向へ押し付けるようにすると、ラインが美しくなる。

けれど、電気毛布はとっても温かくて、これがないと眠れない・・と云う人は、布団に入る前まで電気毛布をつけておいて、就寝する時にはスイッチを切っておこう。
電気毛布の設定温度はあまり高くしないようにしよう。
また、「湯たんぽ」を使用してみてはどうだろう。
近頃、少しばかりのブームに為ってる。
足元に置いておけば、充分に温かくして眠る事が出きるし、自然に温度が下がっていくので安心である。
高齢の方や、妊婦さん、赤ちゃんがいるお家の人は、是が非でもこんな方法で寒さをしのいでみて欲しい。



17 : 42 : 40 | 日記 pagetop

冷え性 改善 男性

寒い冬は朝までグッスリ眠れない、と云う冷え性の人は少なくないのじゃないだろうか。
冷え性を改善するには、多種多様な方法が有るが、効果的で簡単な方法に「ふくらはぎを温める」と云う方法が有る。
足先ではなくて、ふくらはぎ?とおもう人もいる。
冷え性で足先が冷えるのを防ぐには、ふくらはぎを温めるのが1番であるためす。

陽性の食物だけを口にすれば良い、と云う訳でもなく釣り合いの良い食事をとる事が1番である。冷え性改善には、陽性の食物を中心にして、陰性、中性の食物も少しずつ取り入れるようにしよう。
陽性の食物にはどのようなものがあるのだろう。
体を温める、陽性の食物は寒い土地で出きる野菜が少なくないものである。
代表的なものは、しょうがやねぎ、にんにくやごぼう等である。
旬の野菜は、栄養分も豊富である為、できる限り積極的に口にするようにしよう。

断食なんていうとたいへんそうで、自身にも出きるのかな、と懸念に成るかも知れないが、「プチ断食」なら気楽に出きるとおもう。
プチ断食とは1日だけの断食で、全く口にしない訳でもなく、野菜ジュースやお粥だけで過ごす日を作成する事である。

冷え性の人は、38℃から40度のぬるめの湯に、最低でも15分はつかるようにしよう。体にやさしいぬるめの湯につかれば、副交感神経が活動して血管が広がり、血液の流れが良くなる。
また、お風呂の中で足の指をオープンしたり閉じたりするのも効果的である。
足の指の付け根には、自律神経の通り道が有る。シフトさせる事で自律神経の活発化につながり、血液の流れを良くする効果的な方法である。
体を洗浄しながらマッサージを実践する事も良いものである。
少しの心がけで、湯上り後の温かさの持続時間がちがってくるのだ。
習慣化して、冷え性改善に努めよう。



16 : 46 : 56 | 日記 pagetop

冷え性 改善 末端

冷え性を改善するには、釣り合いの良い食事と適度な運動が肝心である。
適度な運動と云っても、日常忙しくしているとこのような時間は急がずゆっくりとれない、と云う人も少なくないものである。
お家の中でも気楽に簡単に出きる運動として、ストレッチ運動をはじめてみるべきだ。
すぐに結果を求めようとはせず、毎日地道につづけていく事で、冷え性は少しずつ改善してゆくのだ。

近頃では、多種多様な入浴剤が販売されている。
お洒落なパッケージに入ってるものや、色や香りが良いもの等、観た目の良さに惹かれてしまうが、中には香りだけがつよいものや、硫黄成分を使用していて、浴槽をいためてしまうもの等も有る。
冷え性を改善するための入浴剤選びであるから、キッチリとしたものを選びたいものである。
入浴剤を選択する時のポイントには、以下のような事が有る。
・保温、保湿効果が優れている
・息抜き効果がある
・浴槽や風呂釜をいためない
これ以外、お風呂の湯を洗濯に使用している人は、洗濯水としても使用できるような入浴剤を選択すると良いものである。

お風呂の湯には、肩までつからないように入ろう。
寒い冬等は、肩までつかって体全体を温めたくなるが、全体を温めると上半身だけが先に温まってしまう。
体のエネルギーである「気」は、下から上へと上がり、1度上に上がると下がる事はないのだ。体の冷えを1番実感しやすい部分は、1番下の足先である。
お風呂に入る時は、下半身を中心に温めるようにしよう。

女性におおくみられるが、座る時は出きるだけ足は組まないようにしよう。
足は血液の流れが悪くなりやすい場所である。足のむくみの原因にもなる為、癖に為ってる人は、直していくようにしよう。
運動する時間はないから・・・・・・と諦めずに、こういった具合に日常の中の少しばかりの心がけが冷え性改善への最短距離の道である。



18 : 27 : 17 | 日記 pagetop

冷え性 改善 白湯

冷え性の人にとって、寒い冬は辛い季節である。
夜眠る時に、冷たい布団ではなかなかどうして寝付く事が出きない!と云う冷え性の人は、寒さを改善する為に電気毛布を使用している、と云う人は少なくないのじゃないだろうか。
しかしながら、電気毛布は間ちがった使い方をすると、我々の健康を損なるケースの場合が有る。
電気毛布を使用すると、朝おきると熟睡した感覚がしなかったり、体がだるかったり、と云った事はないものであろうか?

冷え性の人は、血液を循環させる力が弱く為ってる。
運動には、血液を送り出すポンプをつよくし、血液の循環を良くする効果があるのである。
血液を送り出すポンプとは、心臓と、足の筋肉である。
足の筋肉がポンプ?と何だか不思議であるが、心臓が血液を送り出すと、足の筋肉が萎縮して上半身に血液を送り返すのである。
運動不足の人は、この2つのポンプの力が弱くなって血行が悪くなる。

男性に限った事じゃないのであるが、日常、会社で戦ってる男性は大きなストレスという心理的負荷を常に抱いている人が少なくないものである。
ストレスという心理的負荷を抱いている状態がつづくと、自律神経の釣り合いに乱れが生じてくるのだ。
自律神経には、内臓の働きをアレンジしたり、体温アレンジ機能等もコントロールしたりする任務がある為、釣り合いが乱れると、体にも多種多様な影響をおよぼすのである。
通常では、体に冷えを実感すると内蔵機能が活動して、冷えを改善しようとするのであるが、体の機能が上手く働かなくなり、冷え性に成るのである。
また、ストレスという心理的負荷により、血管自体も萎縮して血液の流れが悪くなる為、冷え性になりやすくなる。

男性でも、手足が冷たい、腰痛が酷い(ひどい)、と云った症状がある人は、冷え性である事を怪しんでみるべきだ。
冷え性自体は病気ではなく、日常の生活の改善に拠って改善されていくものである。
食生活を改善したり、ストレスという心理的負荷改善に心掛けたり、自身で努力してみる事が肝心である。



18 : 48 : 18 | 日記 pagetop

冷え性 改善 ダイエット

冬に成ると、冷え性で苦しんでいる人は少なくないものである。
近頃では冷房の効き過ぎにより、夏でも冷え性に苦しめられている人も少なくないものである。
冷え性を改善する為には、温かいお風呂で体の芯から温まる事が1番である。
さら湯のままのお風呂でも温まる事は出きるが、さら湯のままでは、塩素がたくさん含有されている。殊更に1番風呂は、湯が硬く、体の中のミネラル成分が漏出して、カサカサやかゆみの原因に成る。
入浴剤を上手に使い、お肌の保湿効果や保温効果をアップさせよう。

簡単な足の運動である。
①両手を頭の後ろで組み、両足は肩幅より少しオープンした状態で立つ。
②背筋をのばして、息を吸いながらしゃがみ、吐きながら立つ。
③ゆっくり5から10回レベルくりかえする。
時々休憩しながら、無理をせず続けよう。
胸はできる限り前に出し、顔は正面を観るようにする。
骨盤の歪みを治す効果も有る。

断食なんていうとたいへんそうで、自身にも出きるのかな、と懸念に成るかも知れないが、「プチ断食」なら気楽に出きるとおもう。
プチ断食とは1日だけの断食で、全く口にしない訳でもなく、野菜ジュースやお粥だけで過ごす日を作成する事である。

お風呂から上がった後は、出きるだけ体を冷やさないようにする事が肝心である。
すぐに靴下を履く等して、下半身の体温を下げないように気を付けよう。



17 : 04 : 34 | 日記 pagetop

冷え性 改善 手

冷え性に苦しんでいる人は少なくないものであるが、体質だからやむを得ない、とそのまま放置していないだろうか?
冷え性は、体が不調を訴えているサインである。
そのままにしておくと、多種多様な病気を生じさせてしまう。

冷えを実感する時は、上半身よりも、お腹や下半身が冷えている。
体の中の血液は、重力の為に約70パーセントが下半身に集中している。
冷え性改善には、下半身を温める事が重要であるためす。

また、冷えた体を温めるのは、筋肉の働きによるものである。
寒いと体がブルブル震える。これは、筋肉が体を温める為に自然に動作しているのである。
全身の筋肉の7割が足の筋肉と云われているが、運動不足で筋肉量が多くはない状態では、いくら厚着をしていても体がなかなかどうして温まらない。
運動して、血液循環を誘い、温まりやすい体を作成する事が、冷え性改善につながるのである。

寝具選びにも気を付けてみるべきだ。
保温性、通気性に優れた寝具を選ぼう。
掛け布団として優れているのは、やっぱり羽毛布団である。
軽いので布団の上げ下ろしも楽である。
敷き布団としては、クッション性のある羊毛布団がお勧めである。
毎日使用する布団である為、質の良いものを選定して欲しい。



16 : 41 : 07 | 日記 pagetop

冷え性 改善 女性

冷え性と云っても、多種多様なタイプが有るが、自身では冷えているとは実感しないで、冷え性だと自覚していない「かくれ冷え性」がある事を気付いているだろうか?

お風呂に入る前に、鏡で自身の姿を観てみるべきだ。
ウエストのくびれ部分、肩の高さは左右対称であろうか?
ずれていたら、骨盤の歪みによる可能性が大きいものである。
また、仰向けに就寝して足の力を抜き、足の開き具合が左右でちがってるケースの場合も骨盤の歪みによる可能性が有る。
また、下半身が太りやすい人も、骨盤が歪んでいる人が少なくないものである。
骨盤の歪みを改善して、下半身太りを改善しよう。

まず初めは、お腹を温めよう。
お腹は内臓に近く、お腹を冷やすと云う事は、内臓を冷やす事と同じである。
腸等が機能低下すると、便秘や下痢の症状がでてくるのだ。
また、女性のケースの場合、お腹は子宮を守るための肝心な任務をしている。
お腹が冷えた状態でいると、生理不順や生理通、また不妊症等にもつながる。
お腹を冷やさないように、腹巻を使用しても良いものである。
近頃では、多種多様な可愛い腹巻が販売されている。
就寝している時や、お家での息抜きタイムに1枚あると重宝するとおもう。
また、お出かけ時にもスマートに使用出きる腹巻も有る。
色々店で探し求めてみて欲しい。

冷え性をそのまま放置しておくと、グッスリ眠れなくなったり、肩こりや腰痛の原因になったりと、体に多種多様な悪影響がでてくるのだ。
冷え性は、体の不調を知らせるための初めのサインとして考えるだろう。
その原因を考え、体質改善に努める事が肝心である。




18 : 21 : 51 | 日記 pagetop

冷え性 改善 水

冷え性で体が冷えている時、体を温めるための衣服は肝心である。
寒いからと云って、ただやみくもに重ね着をするよりも、冷え性を改善する為にはポイントをおさえた衣服を選択する事が肝心である。

冬に美味しいチョコレートや、ジャンクフード等は、体を冷やすだけでなく、血液の循環も悪くしてしまう。とりすぎに注意しよう。
冷たい飲み物も良くないのだ。水分をとる事は肝心であるためすが、冷たい飲み物は体を冷やし、血液の循環を悪くする。牛乳やコーヒー、緑茶は温かくして飲んでも体を冷やす原因に成る為、出きるだけ避けよう。温かい紅茶やココアがお勧めである。

また、朝おきた時に、お腹や太ももを接触してみると冷え性であるかどうか、把握できる。脇よりも冷たく実感したら、立派な冷え性であると云える。
体の中で、太ももとお腹は、熱の生産量が少なくない場所である。
通常ならば温かいはずであるためすが、冷たく実感したならば、血液の循環が悪く為ってる証拠で、冷え性であると云えるのである。

ただしい姿勢やポーズを心掛ける事が、やっぱり1番肝心である。
背筋をのばして、座る時もイスに深く腰掛けるようにし、足は組まないようにしよう。
就寝する時の姿勢やポーズも肝心である。
横向きでないと眠れない、と云う人もいるかも知れないが、骨盤を矯正する為には、仰向けの姿勢やポーズが1番良いものである。出きるだけ、仰向けを心掛けてみるべきだ。



18 : 09 : 17 | 日記 pagetop

冷え性 生理不順 改善

「冷え性」と云うと、女性に少なくない体のトラブルであるイメージである。
疑う余地もなく男性と女性では、女性の方が冷え性になりやすい要素が少なくないものである。
女性ホルモンや、女性に少なくない無理なダイエットが原因であるが、近頃では、男性でも冷え性で苦しんでいる人の数は増大している。

我々は、就寝している間は体温を下げてエネルギー代謝を制御し、脳や心臓等、体全体を休ませている。
電気毛布を使用したままで就寝していると、就寝している間でも上手く体温が下がらなくなるケースの場合が有る。そうすると、本来休んでいるはずの体が、充分に休めなくなるのである。

また、冷えた体を温めるのは、筋肉の働きによるものである。
寒いと体がブルブル震える。これは、筋肉が体を温める為に自然に動作しているのである。
全身の筋肉の7割が足の筋肉と云われているが、運動不足で筋肉量が多くはない状態では、いくら厚着をしていても体がなかなかどうして温まらない。
運動して、血液循環を誘い、温まりやすい体を作成する事が、冷え性改善につながるのである。

これ以外にも、現代人が好んで口にする、砂糖や合成甘味料、スナック菓子、チョコレート等も陰性の食物である。血液もドロドロにして循環を悪くさせる為、食べすぎには注意しよう。
それでも甘いものは美味しいものである。どうしても口にしたくなったら、さつまいものおやつはいかかだろう。
さつまいもは血行をよくして、体を温かくしてくれる食物である。
冷え性対策にはベストの食物である為、焼き芋等にして美味しく口にしよう。



05 : 32 : 54 | 日記 pagetop

冷え性 手足 改善

冷え性を改善するには、毎日の生活を改善してみる事が肝心である。
釣り合いの良い食事をとる事が重要であるが、それと同じように重要な事に、適度な運動が有る。

女性には毎月排卵と生理がやってくるが、この時期は、女性ホルモンが乱れやすくなる時期である。また、妊娠中と更年期もおなじ様に乱れやすくなる。
女性ホルモンが乱れやすくなる時期は、冷えを実感しやすい時期として殊更に注意する必要が有る。

また、朝おきた時に、お腹や太ももを接触してみると冷え性であるかどうか、把握できる。脇よりも冷たく実感したら、立派な冷え性であると云える。
体の中で、太ももとお腹は、熱の生産量が少なくない場所である。
通常ならば温かいはずであるためすが、冷たく実感したならば、血液の循環が悪く為ってる証拠で、冷え性であると云えるのである。

寝具選びにも気を付けてみるべきだ。
保温性、通気性に優れた寝具を選ぼう。
掛け布団として優れているのは、やっぱり羽毛布団である。
軽いので布団の上げ下ろしも楽である。
敷き布団としては、クッション性のある羊毛布団がお勧めである。
毎日使用する布団である為、質の良いものを選定して欲しい。



16 : 03 : 36 | 日記 pagetop

冷え性 改善 手足

冷え性に苦しんでいる人は少なくないものであるが、体質だからやむを得ない、とそのまま放置していないだろうか?
冷え性は、体が不調を訴えているサインである。
そのままにしておくと、多種多様な病気を生じさせてしまう。

冷え性の人は、血液を循環させる力が弱く為ってる。
運動には、血液を送り出すポンプをつよくし、血液の循環を良くする効果があるのである。
血液を送り出すポンプとは、心臓と、足の筋肉である。
足の筋肉がポンプ?と何だか不思議であるが、心臓が血液を送り出すと、足の筋肉が萎縮して上半身に血液を送り返すのである。
運動不足の人は、この2つのポンプの力が弱くなって血行が悪くなる。

ストレスという心理的負荷と冷え性も大幅に関係している。
ストレスという心理的負荷を実感すると自律神経の釣り合いが乱れてしまう。自律神経の乱れは、血液の循環を悪くしてしまう為、冷え性の原因となるのである。
また、ストレスという心理的負荷を実感して暗い気持ちでいると、体を温めるエネルギーが不足して、寒さに対しての抵抗力が落ちてしまう。

デスクで仕事をしている人は、なかなかどうして立ち上がっての運動はむずかしいものである。
座りながらでも出きるストレッチも有る。
①座ったままの状態で、足を床に水平に上げる。上げられない時は、そのままでもOKである。
②足の指を内部に曲げてグー、指を拡大させてパー、グーパーグーパーとくりかえする。

これ以外、つま先を上に向けたり、足首を回したりするのみでも効果的である。
座ってる姿勢やポーズが少なくないから、時間がないから、と運動はムリと諦めずに、こうした少しばかりの事でも冷え性は改善出きる。
少し気持ち転換したい時等、できる限り積極的に行ってみて欲しい。



17 : 04 : 58 | 日記 pagetop

冷え性 改善 ワイン

冷え性を改善する為には、多種多様な方法が有る。
適度な運動、釣り合いの良い食事が肝心だと云われているが、「断食」も冷え性に効果があると気付いていたか?
断食なんてすると栄養が足りなくなって、何だか冷え性には悪そうだが・・?とおもう人もいる。

体温を下げる時は、血管を拡張させて血液を皮膚の表面に集めて放熱しているのであるが、冷え性で血液の循環が悪く為ってる人は、皮膚からの放熱が上手く出きないためである。
夜になっても体温が下がりにくい冷え性の人は、なかなかどうして眠りにつけないと云う事であるためす。

もっと簡単に、台所に立ちながらでも出きる運動も有る。
①両足を少しオープンした状態で立つ。
②かかとをゆっくり上げ下げする。
③初めはゆっくり、徐所にスピードアップしてゆくのだ。
他のスクワット運動と合わせて代わる代わる行っても良いものである。

自律神経の乱れは、冷え性だけでなく、男性の更年期障害も生じさせる。
男性も年齢と共に男性ホルモンが減少してくるのだ。
そこに自律神経の乱れが入ると、疲労を感じやすくなったり、不眠、性欲減退等の症状が現れたりしてくるのだ。
これが更年期障害である。更年期障害と云えば、60歳近くなってから、と云うイメージであるが、近頃では若い人でも更年期障害に苦しめられている人が少なくないようである。
早い人では、30代から症状が現れている人もいるそうである為、原因不明の体の不調を実感したら、更年期障害を疑惑、早目の検診をお勧めする。



16 : 21 : 07 | 日記 pagetop

冷え性 改善 食べ物 飲み物

冷え性を改善する方法は色々有るが、息抜き効果も在り、心も体も温かくなる良い方法はお風呂に入る事である。

足先の冷えを改善するには、血液を足先まで届ける事が重要である。
血液は体の中心部から送られてくが、太ももでは、大きい大腿筋に拠って血液の温度がキープされている。しかし筋肉が多くはないふくらはぎに来ると、血液の温度は下がってしまうのである。
また、寒さを実感している時は筋肉が萎縮して血液の量が少なくなり、冷えやすくなる。
血液が冷え切ってる足先を温めるのではなく、血液の冷えを防止する為に、ふくらはぎを温めるようにしよう。

また、冷え性の人は、寒さや冷えを実感しやすい為、寒くてなかなかどうして眠れない、と云う人もいる。
グッスリ眠る為には、冷え性を改善する必要があるのである。
食事や運動で冷え性は改善する事は出きるが、ガッツリ改善するには少し時間がかかる。
冷え性である人が心地よい睡眠をとるにはどうしたら良いのだろう。
まず、寝室の環境をアレンジしておく事が肝心である。
心地よく眠る事が出きる室温は、18℃から23℃レベルである。
寒いからと云って、高い温度に設定しておくと、眠る前の体温の低下が阻害されてしまうケースの場合があるので気を付けて欲しい。
就寝前には暖房器具を消去しておく事をお勧めする。

体を温めたい時は、暖房だけに頼らずに体をシフトさせる事をしてみるべきだ。
体をシフトさせると、体の中のエネルギーが燃やされて体が温まってくるのだ。
筋肉を鍛え上げる運動は、基礎代謝アップにもつながり、冷え性対策にも効果的である。
毎日の生活の中で、できる限り積極的に体をシフトさせる時間を作成するようにしよう。



18 : 42 : 12 | 日記 pagetop
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (123)

お気に入り


検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR